不景気.com > 買収合併 > 日本郵船・商船三井・川崎汽船がコンテナ船事業を統合

日本郵船・商船三井・川崎汽船がコンテナ船事業を統合

日本郵船・商船三井・川崎汽船がコンテナ船事業を統合

海運大手の「日本郵船」「商船三井」「川崎汽船」の3社は、定期コンテナ船事業を統合すると発表しました。

2017年7月1日付で合弁会社を設立し、2018年4月1日から事業を開始する予定で、合弁会社の出資比率は日本郵船が38%、商船三井が31%、川崎汽船が31%。船隊規模は世界第6位となり、世界シェアの7%に相当する見込みです。

コンテナ船市況においては、船舶の過多による需給の悪化が値下げ圧力となっているほか、燃料費の上昇も重なり厳しい環境が続いているため、事業統合による規模の拡大で年間約1100億円のコスト削減効果が見込めると判断し、今回の決定に至ったようです。

定期コンテナ船事業統合に関する契約締結について|日本郵船

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事