不景気.com > 国内倒産 > 青森・八戸の「南部バス」が民事再生法申請、負債26億円

青森・八戸の「南部バス」が民事再生法申請、負債26億円

青森・八戸の「南部バス」が民事再生法申請、負債26億円

青森県八戸市に本拠を置く路線バス運行の「南部バス株式会社」は、11月28日付で東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1926年に設立の同社は、青森県南東部の三八地域にて路線バスやコミュニティバスの運行を主力に事業を展開し、ピーク期となる1982年度には23億円規模の売上を計上するなど、地域の足として親しまれていました。

しかし、自動車保有台数の増加などによる交通環境の変化に伴い、利用者数はピーク期の4分の1程度にまで減少すると、近年は赤字が続くなど業績が悪化したほか、設備投資による借入金が資金繰りを逼迫したため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約26億円の見通しで、現在は岩手県のバス会社に事業を譲渡する方向で協議を進めているとのことです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事