不景気.com > 国内倒産 > 群馬の婦人服販売「きようしん」が破産手続に移行へ

群馬の婦人服販売「きようしん」が破産手続に移行へ

群馬の婦人服販売「きようしん」が破産手続に移行へ

2014年4月10日付で民事再生法の適用を申請した群馬県前橋市の婦人服販売「株式会社きようしん」は、2016年10月31日付で全37店舗を閉鎖し、今後は破産手続に移行する見通しが明らかになりました。

1953年に設立の同社は、ヤングからミセスをターゲットとした婦人服の販売を主力に事業を展開し、「Kyosin」「シルブプレ」「アベブル」などの店名で、イトーヨーカ堂・イオンなどの総合スーパーやショッピングモールに出店していました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みから売上が減少すると、不採算店の閉鎖も実らず資金繰りが逼迫したため、民事再生手続による再建を目指したものの、その後も業績回復に至らず、10月末に決済難に陥ったことから、10月31日付で前橋地方裁判所より民事再生手続の廃止決定を受け今回の措置となりました。

民事再生法適用時の負債総額は約28億円です。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事