不景気.com > 赤字決算 > イビデンの17年3月期は635億円の最終赤字へ、役員報酬減

イビデンの17年3月期は635億円の最終赤字へ、役員報酬減

イビデンの17年3月期は635億円の最終赤字へ、役員報酬減

東証1部上場でICパッケージなど電子部品製造の「イビデン」は、2017年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が635億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2017年3月期通期連結業績予想:イビデン

売上高営業損益純損益
前回予想 2880億円 60億円 △30億円
今回予想 2550億円 1億円 △635億円
前期実績 3141億1900万円 225億7000万円 75億3000万円

パソコン市場の縮小やスマートフォン市場の成長鈍化で電子事業の減収を見込むほか、セラミック事業における生産体制の再構築費用として50億円、固定資産の減損損失として約500億円のそれぞれ特別損失を計上するため、売上高・営業損益・純損益ともに前回予想を下回る見通しとなりました。

また、業績予想の下方修正を受け、役員報酬を減額することも併せて明らかにしました。

業績予想の修正に関するお知らせ:イビデン

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事