不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース10/16、赤字業績の発表が多い1週間

週刊不景気ニュース10/16、赤字業績の発表が多い1週間

週刊不景気ニュース10/16、赤字業績の発表が多い1週間

10月10日から16日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。赤字業績の発表が多い1週間となりました。

破産手続の開始決定を受け倒産したのは、東京の不動産賃貸仲介「うちナビ」、福岡の配管工事「日本グリスター工業」、岩手のローラー製作「三和工機」、東京の旅行会社「フロムツーリスト」、神奈川の食肉加工「湘南ぴゅあ」となったほか、海外では東芝の非連結子会社「東芝サムスンストレージ・テクノロジー韓国」が破産宣告を受けました。また、愛知の装飾製作「キタガワ工芸」が民事再生法の適用を申請しました。

一方、人員削減では、電機大手の「富士通」がイギリスで1800名を削減、スウェーデンの通信機器大手「エリクソン」が3000名を削減、フラットパネルディスプレイ用ガラス基板加工の「倉元製作所」が三重工場を閉鎖し130名を削減するとそれぞれ発表しました。

また、不動産情報サイト運営の「オウチーノ」が保有する債権について取立不能のおそれを表明し、繊維業の「オーミケンシ」がブラジル子会社の事業を停止すると発表しました。

そのほか、赤字業績を発表したのは、コンビニエンスストア展開の「ポプラ」、電源機器製造の「オリジン電気」、インテリア雑貨販売の「パスポート」、婦人服製造・販売の「ラピーヌ」、産業機械製造の「郷鉄工所」、雑貨販売の「アクサスホールディングス」、百貨店経営の「さいか屋」、不動産業の「原弘産」、書店大手の「文教堂グループホールディングス」、カラオケ店経営の「鉄人化計画」、かつら大手の「アデランス」、自動車用電装品製造の「ユーシン」、雑貨・書籍販売の「ヴィレッジヴァンガードコーポレーション」などとなりました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事