不景気.com > 海外リストラ > 東京コスモス電機が中国の番禺工場を閉鎖、集約へ

東京コスモス電機が中国の番禺工場を閉鎖、集約へ

東京コスモス電機が中国の番禺工場を閉鎖、集約へ

東証2部上場で可変抵抗器など電子部品製造の「東京コスモス電機」は、連結子会社「東高志(香港)」の番禺工場(中国広東省広州市)を2017年12月31日付で閉鎖すると発表しました。

2002年に操業を開始した同工場は、可変抵抗器の組み立て加工を主力に事業を展開していました。

一方、同社は2015年4月に子会社「広州東高志電子」を設立し、今年12月より同子会社の永和工場で車載用電装部品の生産を開始することから、生産体制の効率化を目的として、番禺工場の業務を永和工場へ集約するため今回の閉鎖を決定したようです。

中国工場統合に関するお知らせ:東京コスモス電機

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事