不景気.com > 国内リストラ > 三菱重工が大型客船から撤退、2400億円損失で

三菱重工が大型客船から撤退、2400億円損失で

三菱重工が大型客船から撤退、2400億円損失で

東証1部などに上場する重機大手の「三菱重工業」は、造船事業の再建策として、欧米向け大型客船の建造事業から撤退すると発表しました。

2011年にアメリカの客船大手「カーニバル」傘下の「AIDA」から大型客船2隻を受注したものの、連続失注後の受注だったこともあり、事業の困難性を見誤って受注を優先した結果、顧客要求に応えられず基本設計の承認に手間取り、納期が大幅に遅れるなど事業採算が悪化し、累計で約2400億円の損失を計上したため、同事業の継続は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

今後は、現有人員で対応可能なクルーズフェリーや中小型客船の建造に注力するほか、商船については他社との提携も視野に入れ改革を進めていく方針です。

三菱重工|客船事業評価委員会の報告に関する説明会について

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事