不景気.com > 買収合併 > セブン&アイとH2Oが資本業務提携、そごう西武3店舗承継

セブン&アイとH2Oが資本業務提携、そごう西武3店舗承継

セブン&アイとH2Oが資本業務提携、そごう西武3店舗承継

流通大手の「セブン&アイホールディングス」と、百貨店運営の「エイチ・ツー・オーリテイリング」は、資本業務提携について基本合意したと発表しました。

提携では、発行済株式の3%程度(約57億円)を相互に持ち合うほか、セブン&アイホールディングス傘下の百貨店「そごう・西武」の店舗のうち、関西にある「そごう神戸店」「そごう西神店」「西武高槻店」の3店舗に関する事業をエイチ・ツー・オーが承継する予定です。

セブン&アイは、不振に陥っているスーパー・百貨店事業のテコ入れを進める一方、経営資源を好調なコンビニエンスストア事業へ振り向ける方針です。また、エイチ・ツー・オーは、関西における百貨店事業の地盤強化を狙い今回の提携が実現したようです。

資本業務提携の基本合意に関するお知らせ:セブン&アイ・ホールディングス

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事