不景気.com > 国内倒産 > 愛媛・松山の地図会社「セイコー社」が自己破産申請へ

愛媛・松山の地図会社「セイコー社」が自己破産申請へ

愛媛・松山の地図会社「セイコー社」が自己破産申請へ

愛媛県松山市に本拠を置く地図製作・販売の「株式会社セイコー社」は、8月31日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1960年に創業の同社は、四国唯一の地図専門会社として、住宅地図「はい・まっぷ」の製作・発行や、官公庁などを取引先とする各種地図の受注製作を手掛け、ピーク期には売上高6億6000万円を計上するほか、従業員数も100名規模を誇るなど事業を拡大していました。

しかし、インターネットの普及により地図情報が簡単に得られるようになると、出版物としての地図の需要が大幅に減少し業績が悪化、人員削減などのリストラ策も事態を好転させるには至らず、やむなく今回の措置となったようです。

負債総額は約4億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事