不景気.com > 買収合併 > 三菱商事がローソンを買収、追加出資で過半取得へ

三菱商事がローソンを買収、追加出資で過半取得へ

三菱商事がローソンを買収、追加出資で過半取得へ

東証・名証1部上場の大手商社「三菱商事」は、東証1部上場のコンビニエンスストア「ローソン」を買収すると発表しました。

三菱商事は、ローソンの株式に対し1株8650円で株式公開買付(TOB)を実施、出資比率を現在の33.4%から50.1%へ引き上げ子会社化する方針で、追加の株式取得に要する金額は1440億円です。なお、買収後もローソンの上場は維持する予定です。

コンビニ業界3位だった「ファミリーマート」と、「サークルKサンクス」を傘下に持つ「ユニーグループ・ホールディングス」の経営統合を発端として、業界首位の「セブンイレブン」を加えた上位3社の争いがより一層厳しさを増すと考えられています。

また、ドラッグストアチェーンやネット通販との競争も激化しているため、三菱商事の商品調達力をより活かす方策として、資本提携強化による一体運営が必要と判断し今回の買収を決定したようです。

ローソン株式に対する公開買付の開始予定に関するお知らせ:三菱商事

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事