不景気.com > 不景気ニュース > JR西日本が三江線の全線廃止を表明、島根・広島を結ぶ

JR西日本が三江線の全線廃止を表明、島根・広島を結ぶ

JR西日本が三江線の全線廃止を表明、島根・広島を結ぶ

JR西日本は、江津駅(島根県江津市)と三次駅(広島県三次市)を結ぶ三江線(108.1km)の全線廃止を表明しました。

三江線は、1930年に開業、1975年に全線開通したものの、その後は道路整備やマイカーシフトなどから利用者数が激減しており、輸送密度は1987年の民営化時に比べ約9分の1に落ち込むなど厳しい状況が続いています。

加えて、2006年と2013年に大規模災害で長期間の運休を余儀なくされるなど災害リスクが顕在化していること、また、エリア内の移動特性が少量・短距離かつ多様なため鉄道移動に合致していないことから、自助努力による営業継続は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

JR西日本は、国土交通省に対し9月末までに鉄道事業の廃止届けを提出する予定で、代替交通については地元と協議の上、初期投資費用の全額と一定期間の運営費用を負担する方針です。

三江線鉄道事業廃止の意思表示について:JR西日本

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事