不景気.com > 国内倒産 > 映画制作の「ジョリー・ロジャー」が破産開始決定受け倒産

映画制作の「ジョリー・ロジャー」が破産開始決定受け倒産

映画制作の「ジョリー・ロジャー」が破産開始決定受け倒産

信用調査会社の東京商工リサーチによると、東京都千代田区に本拠を置く映画制作の「株式会社ジョリー・ロジャー」は、9月27日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

2007年に設立の同社は、映画・ドラマ・PV・舞台の企画・制作を主力に事業を展開するほか、映画「島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん」の配給を手掛け、また、タレントのマネージメント業務も行うなど事業を拡大していました。

しかし、取引先などの経営破綻で資金の焦げ付きが発生したほか、近年は業績も悪化傾向で資金繰りが逼迫、今年7月には債権者から破産申し立てを受け、やむなく今回の措置に至ったようです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事