不景気.com > 国内倒産 > ゴルフ場経営「伊豆ゴルフ開発」が特別清算、負債100億円

ゴルフ場経営「伊豆ゴルフ開発」が特別清算、負債100億円

ゴルフ場経営「伊豆ゴルフ開発」が特別清算、負債100億円

官報によると、東京都江東区に本拠を置く元・ゴルフ場経営の「伊豆ゴルフ開発株式会社」は、9月1日付で東京地方裁判所より特別清算の開始決定を受けたことが明らかになりました。

1984年に設立の同社は、1986年にオープンしたゴルフ場「伊豆ゴルフ倶楽部」(静岡県伊豆市)の経営を主力に事業を展開し、同ゴルフ場は全18ホールの丘陵コースで、アメリカのゴルフ誌で「世界のベスト100」に選ばれるなど高い評価を得ていました。

しかし、ゴルフブームの一巡や近隣施設との競争激化で資金繰りが逼迫したため、2014年6月にゴルフ場を「伊豆ハイツゴルフクラブ&レジデンス株式会社」(東京都中央区)へ譲渡した一方、自らは同年9月に解散を決議し事後処理を進めていました。

負債総額は約100億円の見通しです。なお、ゴルフ場は譲渡先企業により「伊豆ハイツゴルフ倶楽部」として営業を継続しています。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事