不景気.com > 海外リストラ > 携帯大手「ブラックベリー」がスマホ生産から撤退、シェア激減で

携帯大手「ブラックベリー」がスマホ生産から撤退、シェア激減で

携帯大手「ブラックベリー」がスマホ生産から撤退、シェア激減で

カナダの大手携帯端末メーカー「ブラックベリー」は、スマートフォンの自社生産から撤退すると発表しました。

キーボードと一体型の主力機種「ブラックベリー」は、スマホ人気の先駆けとして欧米を中心に人気を誇り、特にビジネス用途では高いセキュリティ性能が評価を得て大きなシェアを獲得していました。

しかし、その後は「アップル」や「グーグル」などとの競争激化でシェアが減少したため、切り返しを目指し、自社端末にグーグルのOS「アンドロイド」を採用したものの、シェアの減少に歯止めが掛からないため、端末の生産継続は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

今後、端末の生産・開発は提携企業に委託する方針で、同社はセキュリティやアプリなどソフトウェアの開発に注力するとのことです。

BlackBerry Announces Second Quarter Fiscal 2017 Results

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事