不景気.com > 国内リストラ > TSIがヴィヴィアンタム事業から撤退、8店舗をマツオIに譲渡

TSIがヴィヴィアンタム事業から撤退、8店舗をマツオIに譲渡

TSIがヴィヴィアンタム事業から撤退、8店舗をマツオIに譲渡

東証1部上場のアパレルメーカー「TSIホールディングス」は、連結子会社の「サンエー・インターナショナル」が運営するブランド「ヴィヴィアンタム」の事業から撤退すると発表しました。

事業の選択と集中の一環として実施されるもので、ヴィヴィアンタムの独占ライセンス契約、運営する8店舗、商品在庫を同業の「マツオインターナショナル」(東京都渋谷区)へ譲渡する方針です。

事業譲渡日は9月1日の予定で、譲渡される8店舗は、札幌三越店・仙台三越店・名鉄百貨店・福屋本店・福岡岩田屋店・池袋西武店・熊本鶴屋店・六本木ヒルズ店です。

連結子会社の一部事業譲渡に関するお知らせ:TSIホールディングス

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事