不景気.com > 赤字決算 > 住友金属鉱山の第1四半期は69億円の最終赤字

住友金属鉱山の第1四半期は69億円の最終赤字

住友金属鉱山の第1四半期は69億円の最終赤字

東証1部上場で非鉄金属製錬や先端材料製造の「住友金属鉱山」は、2017年3月期第1四半期決算短信を発表し、四半期純損益が69億3600万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2017年3月期第1四半期連結業績:住友金属鉱山

売上高営業損益純損益
2017年3月期(1Q) 1770億4600万円 80億700万円 △69億3600万円
前年同期 2396億1300万円 260億8100万円 263億3500万円
通期予想 7330億円 460億円 230億円

ニッケルや銅の価格下落に加え、急激な円高に伴う邦貨換算での価格下落も重なったため、売上高は大幅に下落したほか、国内子会社の施設廃止に伴う廃止措置準備引当金繰入額を計上したことから、純損益は赤字転落となりました。

なお、通期業績については前回予想を据え置き、第2四半期業績については純損益を30億円の赤字見通しに修正しました。

2017年3月期第1四半期決算短信:住友金属鉱山

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事