不景気.com > 不景気ニュース > シダックスが8月末でカラオケ44店舗を一斉閉鎖

シダックスが8月末でカラオケ44店舗を一斉閉鎖

シダックスが8月末でカラオケ44店舗を一斉閉鎖

ジャスダック上場でレストランカラオケ事業を展開する「シダックス」は、8月31日をもって全国のカラオケ44店舗を一斉に閉鎖すると発表しました。

閉鎖対象の中には、旗艦店と言える東京・渋谷の「渋谷シダックスビレッジクラブ」も含まれており、内訳は北海道3店舗、東北3店舗、関東13店舗、北陸4店舗、東海10店舗、近畿6店舗、中国4店舗、九州1店舗の合計44店舗です。

個人消費の落ち込みや価格競争の激化でカラオケ事業の業績が悪化しているためで、すでに閉鎖済みの店舗も含めると、今年に入ってから全店舗の約2割を閉鎖することになります。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事