不景気.com > 国内倒産 > ダンス用品販売「セキネ商事」が破産申請へ、負債10億円

ダンス用品販売「セキネ商事」が破産申請へ、負債10億円

ダンス用品販売「セキネ商事」が破産申請へ、負債10億円

信用調査会社の帝国データバンクによると、東京都台東区に本拠を置くダンス用品販売の「セキネ商事株式会社」は、7月30日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産を申請する意向が明らかになりました。

1954年に創業の同社は、衣装・シューズ・アクセサリーなど社交ダンスやバレエ用品の販売を主力に事業を展開し、浅草橋・町田・横浜・大阪・福岡に直営店舗を構えるなど、業界では相応の知名度を有していました。

しかし、社交ダンスブームの落ち着きなどから売上が減少すると、過去の不動産投資などによる借入金が資金繰りを逼迫したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約10億円の見通しです。

社交ダンス用品小売り「セキネ商事」が自己破産申請へ (帝国データバンク) Yahoo!

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事