不景気.com > 不景気ニュース > 楽天オークションが10月末でサービス終了、10年の歴史に幕

楽天オークションが10月末でサービス終了、10年の歴史に幕

楽天オークションが10月末でサービス終了、10年の歴史に幕

東証1部上場のインターネット通販大手「楽天」は、10月31日をもってオークションサービスの「楽天オークション」を終了すると発表しました。

2006年にスタートした同サービスは、オークション形式により個人同士で物の売買ができる場として運営してきたものの、利用者の伸び悩みが続いていることからサービスの継続を断念し、10年の歴史に幕を閉じる決定に至ったようです。

今後は、9月1日に新規出品登録を停止し、同15日に新規取引を停止、10月15日を取引完了の期限とする予定で、同社では、代替サービスとしてフリマアプリの「ラクマ」を推奨していくとのことです。

サービス終了のお知らせ:楽天オークション

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事