不景気.com > 国内倒産 > 大阪のバッグ企画卸「モード・フアム」が破産へ、負債45億円

大阪のバッグ企画卸「モード・フアム」が破産へ、負債45億円

大阪のバッグ企画卸「モード・フアム」が破産へ、負債45億円

大阪府大阪市に本拠を置くバッグ企画・卸の「株式会社モード・フアム」は、7月29日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1986年に創業の同社は、全国の百貨店・量販店・通販事業者などを取引先として、婦人用バッグや袋物・ファッション小物の企画・卸を主力に事業を展開し、大阪本社のほか東京に営業拠点を開設するなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みで販売が減少すると、約30億円におよぶ簿外の借入金が発覚したことで信用が失墜し、その後は債権者に対する分割弁済により任意整理を目指していたものの、資金繰りに行き詰まり今回の措置に至ったようです。

負債総額は帝国データバンクによると約45億円、東京商工リサーチによると約46億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事