不景気.com > 買収合併 > ラオックスが破綻した「シンエイ」「新興製靴」の事業を譲受

ラオックスが破綻した「シンエイ」「新興製靴」の事業を譲受

ラオックスが破綻した「シンエイ」「新興製靴」の事業を譲受

東証2部上場で免税店大手の「ラオックス」は、民事再生手続中の婦人靴卸「シンエイ」(東京都台東区)と、婦人靴製造「新興製靴工業」(東京都墨田区)の事業を譲受すると発表しました。

1949年に設立のシンエイは、婦人靴卸の大手として知られるものの、主力となる百貨店向けの不振で業績が悪化したため、約63億円の負債を抱え、7月28日付で民事再生法の適用を申請していました。

また、1946年に設立の新興製靴工業は、婦人用革靴の製造を手掛けていたものの、主要取引先だった「シンエイ」の経営破綻に連鎖するかたちで、約21億円の負債を抱え、7月29日付で民事再生法の適用を申請していました。

ラオックスでは、訪日外国人向けに日本製の商品ラインナップを強化する方針で、シンエイの事業は子会社の「モード・エ・ジャコモ」、新興製靴工業の事業は子会社の「青葉ライフファミリー」がそれぞれ譲受する予定です。

事業譲受に関するお知らせ:ラオックス

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事