不景気.com > 赤字決算 > ラオックスの第2四半期は4億円の最終赤字、爆買い減速で

ラオックスの第2四半期は4億円の最終赤字、爆買い減速で

ラオックスの第2四半期は4億円の最終赤字、爆買い減速で

東証2部上場で免税店大手の「ラオックス」は、2016年12月期第2四半期決算短信を発表し、四半期純損益が4億6400万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2016年12月期第2四半期連結業績:ラオックス

売上高営業損益純損益
2016年12月期(2Q) 350億6200万円 4億5400万円 △4億6400万円
前年同期 451億6800万円 50億1700万円 46億円
通期予想 650億円 12億5000万円 未定

主要ターゲットとなる訪日観光客において、円高の影響や平均購買価格の下落に加え、大きな売上を見込める団体旅行から個人旅行へと変化が起こっていることから、売上高は前年同期比で大幅な減収を見込み、純損益は赤字転落となりました。

2016年12月期第2四半期決算短信:ラオックス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事