不景気.com > 赤字決算 > 倉元製作所の16年12月期は10億円の最終赤字へ

倉元製作所の16年12月期は10億円の最終赤字へ

倉元製作所の16年12月期は10億円の最終赤字へ

ジャスダック上場でフラットパネルディスプレイ用ガラス基板加工の「倉元製作所」は、2016年12月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が10億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2016年12月期通期連結業績予想:倉元製作所

売上高営業損益純損益
前回予想 37億円 2000万円 11億円
今回予想 26億円 △8億5000万円 △10億円
前期実績 58億6400万円 △5億7100万円 △6億3200万円

タブレット端末市場の低迷などに伴う受注の悪化に加え、事業環境の悪化に伴う固定資産の減損損失として12億7600万円の特別損失を計上するため、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:倉元製作所

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事