不景気.com > 赤字決算 > エルナーの16年12月期は5億円の最終赤字へ、米独禁法罰金

エルナーの16年12月期は5億円の最終赤字へ、米独禁法罰金

エルナーの16年12月期は5億円の最終赤字へ、米独禁法罰金

東証2部上場で電子部品製造の「エルナー」は、2016年12月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が5億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2016年12月期通期連結業績予想:エルナー

売上高営業損益純損益
前回予想 306億円 15億円 5000万円
今回予想 290億円 15億円 △5億円
前期実績 308億4200万円 3億4400万円 △19億7500万円

円高の影響や、国内自動車市場向け受注の落ち込みなどで減収を見込むことに加え、コンデンサ事業におけるアメリカの独占禁止法違反の嫌疑について、罰金400万ドル(約4億円)を支払うことで司法省との司法取引に合意したため、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:エルナー

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事