不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース7/24、倒産や工場閉鎖が話題に

週刊不景気ニュース7/24、倒産や工場閉鎖が話題に

週刊不景気ニュース7/24、倒産や工場閉鎖が話題に

7月18日から24日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産や工場閉鎖が話題の1週間となりました。

破産(準備含む)により倒産したのは、石川の自動車販売「柚木自動車」、北海道のコールセンター運営「フィットコム」、東京の照明機器製造「日豊電子」、滋賀の地盤調査「今江建設」、三重の健康機器販売「コージン」、三重の鋳造業「川彦鋳造」、福岡の食品加工「九北食品加工協業組合」、東京の付け爪製造「ワンタッチネイル」、東京の出版業「新思索社」、東京の延長保証サービス「ワランティマート」、東京の革製品製造「ナックジャパン」、東京の空調設備施工「東京エムテック」となりました。

また、山梨の公益財団法人「山梨県林業公社」が民事再生法の適用を申請しました。

一方、拠点閉鎖や事業撤退では、電気機器メーカーの「船井電機」がVHSビデオデッキの生産を終了し、飼料・製粉機械製造の「明治機械」が越谷工場を閉鎖、「パナソニック」が子会社の真岡工場を閉鎖するとそれぞれ発表しました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事