不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース7/17、倒産情報が多い1週間

週刊不景気ニュース7/17、倒産情報が多い1週間

週刊不景気ニュース7/17、倒産情報が多い1週間

7月11日から17日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産の話題が多い1週間となりました。

破産(準備含む)により倒産したのは、神奈川のリフォーム業「関東メンテナンス」、大阪のスマホアプリ制作「イメージサーカス」、東京の婦人服製造・販売「ワイツウ」、島根のゴルフ場経営「松江カントリー倶楽部」、栃木の不動産業「MARUBISHI不動産」、鹿児島の和菓子製造・販売「折田菓子舗」、神奈川のバイオベンチャー「ジナリス」、長野のパン製造「諏訪製菓」、大分の建築業「カリキタ」、神奈川の事業協同組合「横須賀専門店会」、熊本の建設業「堅実工業」、東京の販促用品販売「MARUHACHI」、大阪のメッキ加工「前田プレーティング」、宮城のオール電化施工「ヒカリデンキ」、埼玉の印刷業「三起印刷」、鹿児島の電子部品加工「エーディーシステム」となりました。

また、東京の不動産業「アルファ・プロパティマネージメント」が事後処理を弁護士に一任しました。

そのほか、アメリカの大手ハードディスクメーカー「シーゲイト・テクノロジー」が6500名の人員削減を発表しました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事