不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース7/3、上場廃止など上場企業の話題多く

週刊不景気ニュース7/3、上場廃止など上場企業の話題多く

週刊不景気ニュース7/3、上場廃止など上場企業の話題多く

6月27日から7月3日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。上場企業関連の話題が多い1週間となりました。

破産(準備含む)により倒産したのは、大阪のアクセサリー販売「アートアンドクラフト」、大阪のキャラクター商品卸「コモン」、神奈川の食品製造「湘南食品」、東京の芸能事務所「オフィスジュニア」、鹿児島の電子部品製造「アクセレートデバイス」、東京のインド料理店経営「日本機器製造」、兵庫の結婚式場運営「プレマリエジャポン」、北海道の建築業「ビュータック山城」、神奈川の分析機器販売「クロマトリサーチ」、福岡の出版業「釣春秋」となりました。

また、アメリカの化学大手「ダウ・ケミカル」が子会社「ダウコーニング」において2500名を削減し、スマートフォンアプリの「ユナイテッド」が広告代理事業を廃止すると発表しました。

一方、債権回収を手掛ける「MAGねっとホールディングス」の上場廃止が決定したほか、猶予期間入り銘柄に指定されたのは、債務超過基準により樹脂加工メーカーの「児玉化学工業」、産業機械製造の「郷鉄工所」、介護施設運営の「やまねメディカル」、業績基準によりオンラインゲームの「ガーラ」、株価基準によりダイヤモンド製造販売の「サハダイヤモンド」、時価総額基準により工業用刃物製造の「東洋刃物」となりました。

そのほか、赤字業績を発表したのは、アパレルメーカーの「三陽商会」、婦人服販売の「ハニーズ」、オートバイ買取大手の「バイク王&カンパニー」、雑貨・書籍販売の「ヴィレッジヴァンガードコーポレーション」、流通大手の「ユニーグループ・ホールディングス」となりました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事