不景気.com > 国内倒産 > 気象情報の「ウェザー・サービス」が自己破産申請へ

気象情報の「ウェザー・サービス」が自己破産申請へ

気象情報の「ウェザー・サービス」が自己破産申請へ

千葉県成田市に本拠を置く気象情報提供サービスの「ウェザー・サービス株式会社」は、7月27日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1998年に設立の同社は、官公庁や製薬会社・製造業者向けに気象情報の提供を手掛け、シミュレーションを利用した花粉飛散予報を日本で初めて配信するなど、精度の高い情報が評価を得ていました。

しかし、研究開発費の高騰などから業績が悪化すると、近年の人件費高騰が追い打ちを掛け資金繰りが逼迫したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

東京商工リサーチによると、負債総額は約1億9600万円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事