不景気.com > 赤字決算 > ユニーの第1四半期は114億円の最終赤字、コンビニ不振

ユニーの第1四半期は114億円の最終赤字、コンビニ不振

ユニーの第1四半期は114億円の最終赤字、コンビニ不振

東証・名証1部上場の流通大手「ユニーグループ・ホールディングス」は、2017年2月期第1四半期決算短信を発表し、四半期純損益が114億1000万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2017年2月期第1四半期連結業績:ユニーグループ・ホールディングス

営業収益営業損益純損益
2017年2月期(1Q) 2509億600万円 88億9300万円 △114億1000万円
前年同期 2497億9300万円 44億7500万円 △26億8600万円
第2四半期予想 5095億円 139億6000万円 未定

子会社「サークルKサンクス」において、合併を予定する「ファミリーマート」とのシステム統一により使用を中止する固定資産や、収益性の低下した店舗の減損損失として約170億円を計上したほか、次期店舗システム開発の違約金などを損失計上したことから、純損益は大幅な赤字となりました。

なお、9月1日付で「ファミリーマート」との合併を予定しているため、業績予想は第2四半期までとなります。

2017年2月期第1四半期決算短信:ユニーグループ・ホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事