不景気.com > 国内倒産 > システム開発「TOUA」が破産、DIOジャパンの一部事業譲受

システム開発「TOUA」が破産、DIOジャパンの一部事業譲受

システム開発「TOUA」が破産、DIOジャパンの一部事業譲受

東京都新宿区に本拠を置くシステム開発の「株式会社TOUA」は、7月4日付で東京地方裁判所へ破産を申請したことが明らかになりました。

1989年に設立の同社は、システム開発の受託やエンジニアの派遣業務を主力に事業を展開し、2015年にはグループ会社の「TOUAテレマーケティング」が、補助金の不正受給で経営破綻したコールセンター業務受託の「DIOジャパン」から、宮城県気仙沼市にある子会社の一部事業を譲受するなど業容を拡大していました。

しかし、積極的な事業拡大が裏目となり業績が悪化すると、多額の借入金が資金繰りを逼迫したため、保全管理人のもとで事業譲渡を目指すべく今回の措置に至ったようです。

負債総額は5億円から6億円程度の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事