不景気.com > 国内倒産 > 婦人靴製造「新興製靴工業」が民事再生、負債21億円

婦人靴製造「新興製靴工業」が民事再生、負債21億円

婦人靴製造「新興製靴工業」が民事再生、負債21億円

東京都墨田区に本拠を置く婦人靴製造の「新興製靴工業株式会社」は、7月29日付で東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1946年に設立の同社は、国内大手靴メーカーや卸業者などを取引先として、婦人用革靴の企画・製造を主力に事業を展開し、東京本社のほか福島県の岩代と船引に工場を所有するなど事業を拡大していました。

しかし、安価な海外製品との競争激化で業績が悪化すると、主要取引先だった婦人靴卸の「シンエイ」が7月28日付で民事再生法の適用を申請したことで、同社に対する売掛金に焦げ付きが発生したため、それに連鎖するかたちで今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクおよび東京商工リサーチによると、負債総額は約21億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事