不景気.com > 国内倒産 > 哲学書など出版の「新思索社」が破産開始決定受け倒産

哲学書など出版の「新思索社」が破産開始決定受け倒産

哲学書など出版の「新思索社」が破産開始決定受け倒産

東京都新宿区に本拠を置く出版業の「株式会社新思索社」は、7月13日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1994年に設立の同社は、哲学・心理学・社会学・人類学・生物学などの出版を主力に事業を展開し、なかでも「精神と自然」「精神の生態学」「社会学への招待」が売上に大きく貢献していました。

しかし、出版不況が叫ばれるなか、売上の落ち込みから業績が悪化したことに加え、代表者が死去したことで事業継続が困難となったため今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクおよび東京商工リサーチによると、負債総額は約5000万円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事