不景気.com > 不景気ニュース > 百貨店の「堺 北花田阪急」が17年7月をめどに閉店

百貨店の「堺 北花田阪急」が17年7月をめどに閉店

百貨店の「堺 北花田阪急」が17年7月をめどに閉店

東証1部上場の「エイチ・ツー・オーリテイリング」は、連結子会社の「阪神阪急百貨店」が運営する「堺 北花田阪急」(大阪府堺市)を2017年7月末をめどに閉店すると発表しました。

2004年に開業の同店は、ショッピングセンターの「イオンモール堺北花田」にテナントとして出店する百貨店で、地上3階・売場面積1万6000平方メートルを誇り、年間の売上は100億円規模を計上していました。

しかし、ショッピングセンター内の出店で少なからず競合が生じたことに加え、近隣にショッピングセンターが参入したことで競争が激化するなど苦戦したため、これ以上の営業継続は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事