不景気.com > 企業不況 > 共同物流の「プラネット物流」が解散、ライオンが筆頭株主

共同物流の「プラネット物流」が解散、ライオンが筆頭株主

共同物流の「プラネット物流」が解散、ライオンが筆頭株主

東証1部上場で歯磨・洗剤など製造の「ライオン」は、20.8%出資の持分法適用関連会社「プラネット物流」(東京都墨田区)が解散および清算すると発表しました。

1989年に設立のプラネット物流は、「ライオン」「エステー」「サンスター」など日用品メーカー13社の出資により、共同物流事業を展開していたものの、環境の変化に伴う事業規模の縮小などから共同物流の必要性が薄れたと判断し、4月までに全事業を外部物流業者へ継承するとともに今回の措置となりました。

今後は、7月31日付で解散し、10月をめどに清算が結了する予定です。

持分法適用関連会社の解散に関するお知らせ:ライオン

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事