不景気.com > 赤字決算 > 市進ホールディングスの第1四半期は5億円の最終赤字継続

市進ホールディングスの第1四半期は5億円の最終赤字継続

市進ホールディングスの第1四半期は5億円の最終赤字継続

ジャスダック上場の学習塾経営「市進ホールディングス」は、2017年2月期第1四半期決算短信を発表し、四半期純損益が5億1100万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2017年2月期第1四半期連結業績:市進ホールディングス

売上高営業損益純損益
2017年2月期(1Q) 31億7800万円 △6億2900万円 △5億1100万円
前年同期 31億3600万円 △6億9900万円 △5億6700万円
通期予想 163億5500万円 3億3800万円 1億1300万円

少子化の継続による同業者間の競争激化が依然として続いていることなどから、営業損益・純損益ともに赤字継続となりました。なお、業界の特徴として第1四半期の売上が少なくなる傾向があるため、通期業績については黒字を予想しています。

2017年2月期第1四半期決算短信:市進ホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事