不景気.com > 企業不況 > やまねメディカルを債務超過に係る猶予期間入り銘柄に指定

やまねメディカルを債務超過に係る猶予期間入り銘柄に指定

やまねメディカルを債務超過に係る猶予期間入り銘柄に指定

東京証券取引所は、ジャスダック上場で介護施設運営の「やまねメディカル」を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。

これは、同社が2016年3月期決算において10億6400万円の債務超過に陥ったための措置で、猶予期間となる2017年3月31日までに債務超過を解消できない場合は上場廃止となります。

サービス付き高齢者住宅における入居率の低迷などから、2016年3月期決算は約13億円の最終赤字を計上するなど厳しい環境に陥っており、今後は稼働率の向上および初期コストが掛かる新規拠点の開設を抑制することで採算の改善を目指す方針です。

上場廃止に係る猶予期間入り:やまねメディカル | 日本取引所グループ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事