不景気.com > 国内リストラ > ユナイテッドが広告代理事業から撤退、プラットフォームに注力

ユナイテッドが広告代理事業から撤退、プラットフォームに注力

ユナイテッドが広告代理事業から撤退、プラットフォームに注力

東証マザーズ上場でスマートフォンアプリやネット広告を手掛ける「ユナイテッド」は、2017年3月期中をめどに広告代理事業を廃止すると発表しました。

同事業では、顧客に対し最適な広告プランの提案や広告運用を代行しているものの、広告プラットフォーム事業の成長余地が大きく、当該事業へ経営資源を注力することが得策と判断し今回の決定に至ったようです。

なお、広告代理事業に属する従業員については、広告プラットフォーム事業への配置転換にて対応する予定です。

一部事業の廃止に関するお知らせ | ユナイテッド

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事