不景気.com > 国内倒産 > 京都の不動産売買「日本リゾーツ」が民事再生、負債40億円

京都の不動産売買「日本リゾーツ」が民事再生、負債40億円

京都の不動産売買「日本リゾーツ」が民事再生、負債40億円

信用調査会社の帝国データバンクによると、京都府京都市に本拠を置く不動産売買の「日本リゾーツ株式会社」は、6月3日付で東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

2013年に設立の同社は、京都市内を中心として土地などの売買を主力に事業を展開するほか、「京都二条院離宮構想」として二条城の北側に約4600坪の広大な土地を購入し、レストランや物販店を併設した高級ホテルおよびオークションハウスの建設を計画していました。

しかし、建設計画が頓挫したことから、当該不動産の売却手続を進めたものの、買主とのトラブルにより競売の申し立てを受ける事態に至ったため、民事再生法の下で競売を一時停止し、新たな売却交渉を進めるべく今回の措置に至ったようです。

負債総額は約40億円の見通しです。

日本リゾーツ、民事再生を申請 (帝国データバンク) Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事