不景気.com > 海外リストラ > ミニストップがインドネシアから撤退、フランチャイズ契約終了で

ミニストップがインドネシアから撤退、フランチャイズ契約終了で

ミニストップがインドネシアから撤退、フランチャイズ契約終了で

東証1部上場でイオングループのコンビニエンスストア「ミニストップ」は、6月18日をもってインドネシアの現地パートナー企業とのエリアフランチャイズ契約を終了すると発表しました。

2012年8月に「バハギア・ニアガ・レスタリ」社とエリアフランチャイズ契約を締結し、2013年6月にインドネシア1号店を出店、その後は首都ジャカルタにて6店舗を展開していました。

しかし、バハギア・ニアガ・レスタリが他事業へ経営資源を集中させる意向を示したことから、両社協議の上で契約の合意終了を決定、これをもってインドネシアのミニストップはなくなる見込みです。

エリアフランチャイズ契約終了について:ミニストップ

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事