不景気.com > 買収合併 > ライオンがフィリピン「ピアレスライオン」の合弁解消、債務超過で

ライオンがフィリピン「ピアレスライオン」の合弁解消、債務超過で

ライオンがフィリピン「ピアレスライオン」の合弁解消、債務超過で

東証1部上場で歯磨・洗剤など製造の「ライオン」は、「ピアレス・プロダクツ・マニュファクチャリング・コーポレーション」(フィリピン)との合弁会社「ピアレスライオン」について合弁契約を解消すると発表しました。

2012年に設立のピアレスライオンは、ライオンが51%、ピアレス社が49%をそれぞれ出資する合弁会社で、シャンプーの製造販売を主力に事業を展開しているものの、事業の成長が想定を下回るなど早期の収益化が困難となっているため、ライオンの持分をピアレス社へ譲渡し、合弁契約の解消を決定したようです。

ピアレスライオンは債務超過に陥っているため、債務の代位弁済を行うことで債務超過を解消するほか、ピアレスライオンに対する債権も放棄する予定です。なお、前期に損失を計上済みのため、連結業績への影響については軽微とのことです。

合弁契約の解消に関するお知らせ:ライオン

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事