不景気.com > 企業不況 > 児玉化学工業を債務超過に係る猶予期間入り銘柄に指定

児玉化学工業を債務超過に係る猶予期間入り銘柄に指定

児玉化学工業を債務超過に係る猶予期間入り銘柄に指定

東京証券取引所は、2部上場の樹脂加工メーカー「児玉化学工業」を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。

これは、同社が2016年3月期決算において1000万円の債務超過に陥ったための措置で、猶予期間となる2017年3月31日までに債務超過を解消できない場合は上場廃止となります。

インドネシア子会社において、外貨借入金に対する為替評価損失として1億9600万円、新製品立ち上げまで操業が低下したことによる異常操業度損失として1億1800万円をそれぞれ計上したほか、東南アジア子会社の不振や円高の影響などから業績が悪化していました。

上場廃止に係る猶予期間入り:児玉化学工業 | 日本取引所グループ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事