不景気.com > 国内倒産 > ニット卸「イエリデザインプロダクツ」が民事再生、負債16億円

ニット卸「イエリデザインプロダクツ」が民事再生、負債16億円

ニット卸「イエリデザインプロダクツ」が民事再生、負債16億円

東京都港区に本拠を置く衣料品卸の「イエリデザインプロダクツ株式会社」は、6月2日付で東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1997年に設立の同社は、アパレルメーカーや百貨店などを取引先としてレディースニットの企画・卸を主力に事業を展開するほか、「equo」「Lately」「lily picot」などの自社ブランドも手掛けていました。

しかし、景気低迷による消費者の低価格志向やファストファッションの台頭などから売上が減少すると、直営店舗の閉鎖などによるリストラ策を進めたものの、依然として厳しい環境が続いていることから、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクおよび東京経済によると、負債総額は約16億円の見通しです。

ニット製品卸のイエリデザインプロダクツ、民事再生を申請 - Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事