不景気.com > 赤字決算 > 大塚家具が16億円の最終赤字へ、16年12月期

大塚家具が16億円の最終赤字へ、16年12月期

大塚家具が16億円の最終赤字へ、16年12月期

ジャスダック上場の家具販売大手「大塚家具」は、2016年12月期通期業績予想を下方修正し、当期純損益が16億6100万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2016年12月期通期業績予想:大塚家具

売上高営業損益純損益
前回予想 585億6500万円 5億円 3億6800万円
今回予想 538億5100万円 △15億4900万円 △16億6100万円
前期実績 580億400万円 4億3700万円 3億5900万円

店舗リニューアルなど積極的な改革を進め、来客数の増加など一定の効果は出ているものの、これまでのやり方と大きく変化した顧客対応の熟練度が想定する水準に達していないことから、客数増を売上に活かせていないため、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:大塚家具

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事