不景気.com > 国内倒産 > 映画制作の「フェローピクチャーズ」に破産決定、負債2億円

映画制作の「フェローピクチャーズ」に破産決定、負債2億円

映画制作の「フェローピクチャーズ」に破産決定、負債2億円

東京都杉並区に本拠を置く映画制作の「株式会社フェローピクチャーズ」は、6月1日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1978年に設立の同社は、映画プロデューサーとして著名な藤田義則氏が代表を務め、劇場用映画の企画・制作・配給を主力に事業を展開するほか、テレビドラマ・CMやゲーム映像の制作も手掛けていました。

しかし、近年はヒット作に恵まれなかったことに加え、多額の制作費が資金繰りを逼迫したため、近年は活動を休止し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクおよび東京商工リサーチによると、負債総額は約2億3000万円の見通しです。

フェローピクチャーズ、破産開始 (帝国データバンク) - Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事