不景気.com > 企業不況 > 東芝が2399億円の減資へ、累積損失の解消を目的

東芝が2399億円の減資へ、累積損失の解消を目的

東芝が2399億円の減資へ、累積損失の解消を目的

東証・名証1部上場の電機大手「東芝」は、7月31日を効力発生日として2399億円の減資を実施すると発表しました。

資本金4399億円のうち2399億円を取り崩すことで、資本金を2000億円へ減少させる一方、増加した余剰金を累積損失の解消に充当し、財務体質の改善および柔軟な資本施策へと結び付けたい考えです。

なお、減資には6月22日に開催される株主総会で承認されることが条件となります。

利益準備金及び資本金の額の減少についてのお知らせ:東芝

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事