不景気.com > 国内倒産 > 東京・池袋の保育園「トムインターナショナルスクール」が破産

東京・池袋の保育園「トムインターナショナルスクール」が破産

東京・池袋の保育園「トムインターナショナルスクール」が破産

東京都豊島区東池袋に本拠を置く保育施設運営の「有限会社トム・インターナショナル・スクール」は、5月10日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1999年に開業の同施設は、バイリンガル教育に特化した認可外保育施設「トムインターナショナルスクール」の運営を手掛け、0歳児からの保育施設「トム保育園」をはじめ「トム幼児教室」や「トム英会話学院」など、保育を受けながら英語が学べる施設として高い評価を得ていました。

しかし、2013年2月にインフルエンザに感染した2歳児が搬送先の病院で死亡する事故が発生し、その当時に保育士が一人もいなかったことなどから、その対応が問題視され信用が大きく毀損していました。

その後、東京都の福祉保健局から立ち入り調査を受け、有資格者の配置不足や保育室の面積不足など、多数の基準違反について繰り返し改善指導を受けたものの、それに従わないなど不適切な対応を継続したため、東京都により「改善勧告に従わない施設」として施設名が公表されたことから、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事