不景気.com > 赤字決算 > 三桜工業が7億円の最終赤字へ、円高と減損、16年3月期

三桜工業が7億円の最終赤字へ、円高と減損、16年3月期

三桜工業が7億円の最終赤字へ、円高と減損、16年3月期

東証1部上場で自動車用配管部品などを製造する「三桜工業」は、2016年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が7億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2016年3月期通期連結業績予想:三桜工業

売上高営業損益純損益
前回予想 1330億円 61億円 25億円
今回予想 1300億円 52億円 △7億円
前期実績 1306億2700万円 58億4000万円 15億7700万円

ドイツ子会社における新製品の生産混乱で人件費などが嵩んだほか、急激な円高による為替差損として6億9300万円を計上し、また、国内およびロシア・ブラジル・インドの各子会社における生産設備の減損損失として約23億円の特別損失を計上することから、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:三桜工業

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事