不景気.com > 赤字決算 > 三菱自動車が燃費試験不正で191億円の特損計上

三菱自動車が燃費試験不正で191億円の特損計上

三菱自動車が燃費試験不正で191億円の特損計上

東証1部上場の自動車メーカー「三菱自動車工業」は、一連の燃費試験不正に伴い、2016年3月期決算において191億円の特別損失を計上したと発表しました。

同社は、軽自動車の型式認証取得について、燃費を実際よりも良く見せるため不正な操作を行ったことから、軽自動車4車種の燃費試験関連損失として191億円、燃費試験関連損失引当金として205億円をそれぞれ計上しました。

なお、これらの損失額は、2016年3月期決算において合理的に見積ることが可能な額のみで、今後の調査の進展および利害関係者への補償内容の決定に伴い増加する見込みです。

特別損失の計上に関するお知らせ:三菱自動車工業

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事