不景気.com > 海外リストラ > 米マイクロソフトが1850名の人員削減へ、スマホ縮小で

米マイクロソフトが1850名の人員削減へ、スマホ縮小で

米マイクロソフトが1850名の人員削減へ、スマホ縮小で

アメリカのソフトウェア大手「マイクロソフト」は、スマートフォン事業を縮小し1850名の人員削減を実施すると発表しました。

削減の内訳は、フィンランドの子会社「マイクロソフトモバイルOy」(旧・ノキアの携帯電話事業)で1350名、そのほか世界全体で500名となる予定で、この施策に伴い9億5000万ドル(約1050億円)のリストラ費用を計上するとのことです。

2014年にノキアの携帯電話事業を買収したものの、特にスマートフォン市場では「グーグル」のAndroidや「アップル」のiOSなど他陣営の後塵を拝しており、同年には携帯電話事業を中心に約1万8000名、2015年にも約7800名の人員削減を実施していました。

Microsoft announces streamlining of smartphone hardware business

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事