不景気.com > 企業不況 > MAGねっとホールディングスが上場廃止、連続債務超過で

MAGねっとホールディングスが上場廃止、連続債務超過で

MAGねっとホールディングスが上場廃止、連続債務超過で

ジャスダック上場で債権回収などを手掛ける「MAGねっとホールディングス」は、2016年3月期決算において2期連続で債務超過に陥ることから、7月末頃をめどに上場廃止となる見込みを明らかにしました。

2015年3月期決算において、約24億円の貸倒引当金繰入額を計上し、約27億円の最終赤字となった結果、8100万円の債務超過に陥りました。

その後も、「佐藤食品工業」に対する連帯保証債務の訴訟について、2016年3月期末までに和解が成立しなかったことから、計上済み引当金の戻り入れができなかったこと、また、元子会社「マルマン」に対する債権などについて、追加の貸倒引当金繰入額の計上を余儀なくされたことなどから、2016年3月期決算において3億7000万円の債務超過となったため、上場廃止基準に接触することとなりました。

なお、同社株式は5月23日付で監理銘柄(確認中)に指定されており、6月下旬に予定する有価証券報告書の提出日に整理銘柄の指定を受け、その1ヶ月後に上場廃止となる予定です。

監理銘柄(確認中)の指定:MAGねっとホールディングス | 日本取引所グループ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事